2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
定休日(ネットショップ/実店舗)  
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
定休日(ネットショップ/実店舗)  
 
 
 
 
 
 
 
 
帯の結び方【貝の口】 【神田結び】はこちら

貝の口は、角帯・平ぐけ帯の最も代表的な結び方です。

ここでは、平ぐけ帯を用いた【貝の口】の結び方を紹介します。

  帯の結び方【貝の口】1    
 
帯の結び方【貝の口】2
 
 

まず、帯の端から20〜30cmくらいを半分に重ねるようにします。

(この部分を「手」といいます。)

 
       
  帯の結び方【貝の口】3    
  帯の結び方【貝の口】4  
 

「手」の方を上にして帯を胴に2回ほど巻き付けます。しっかりと巻き付けますが、あまりきつく締め付ける必要はありません。

 
       
 
帯の結び方【貝の口】5
 
  帯が最後にかなり余ってしまう場合は、ここで3回巻く事になりますが、ほとんどの場合2巻きです。2巻きして余った部分を巻いた帯の内側に重ねる様にきれいに重ね込みます。
 
     
 
帯の結び方【貝の口】6
 
 

こうして長さを決めた幅の広い側の帯の端を「垂れ」といいます。
「手」の部分に「垂れ」を重ねるように巻きます。

 
     
  帯の結び方【貝の口】7    
  帯の結び方【貝の口】8  
 

「垂れ」を「手」の下にくぐらせて上に引き上げ、しっかりと締めます。
この時、上にある「垂れ」の方を動かない様に持ち、下に出た「手」の方をしっかり引いて締めるときれいに締まります。

 
   

幅の広い「垂れ」の方を上から下にほぼ垂直におろします。

 
  帯の結び方【貝の口】9    
  帯の結び方【貝の口】10  
 

おろした垂れの先を斜め上に折り曲げます。

 
 

「手」の先を折り曲げた「垂れ」の間に通し、下から斜め上に引き上げ、緩まないようにしっかりと結びます。
必要以上に強く締めると形が崩れます。

 
  帯の結び方【貝の口】11    
     
 

結び目のねじれ・しわなどを直し、形を整えます。

結び終わりましたら、結び目を背中側に回して移動させます。
背中の中心ではなく、すこし脇の方にずらすと粋に見えます。

 
     
  帯の結び方【貝の口】完成図  
 

帯の結び方【貝の口】 完成図