2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日(ネットショップ/実店舗)  
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
定休日(ネットショップ/実店舗)  
 
 
 
 
 
 
 
 
股引のはき方タイトル
 
股引のはき方1

◎股引(モモヒキ)をはきます

右足と左足のつながっている部分を前側に
して両足を入れます。

股引の着方注意

股引の前後に注意。
つながっている方が前です。
(ヒモは左右で長さが違うので、長い《長ヒモ》を右側にすると間違えません。)

股引の前後解説

股引のはき方2 右腰の部分に巻くように《長ヒモ》を引いて決める。その《長ヒモ》を左腰をまわして、二重に重なっている部分に通し、引出します。
股引のはき方3 股引のはき方4

股引の着方ヒント

前部分の二重に重なっている部分に右手を差し込み《長ヒモ》をつかみ、引き出すと簡単です。

股引のはき方5

右手は前部分の《長ヒモ》を持ちます。

《長ヒモ》をそのまま引いた状態で、右尻部分を綺麗にかぶせます。

これで右足・右尻部分は決まり。

股引のはき方6

次に、
《短ヒモ》を引いた状態で、尻部分全てにかぶせます。

股引の着方 ヒント
ここで尻部が綺麗になっていないとすっきりと決まりません。

股引のはき方7
粋に決めたら「さあ出陣!」
楽しい一時をお過ごしください。

>>>股引をお探しの方はこちらを
>>>腹掛の着方はこちらを

股引のはき方8

腹掛着方ご用心

 《長ヒモ》を前部分の重なっている間に通さない場合は、着崩れしやすくなります。

股引のはき方9

股引の着方ヒント

骨盤が低い位置にある方で、お尻部分が垂れてしまう場合には、ウエスト部分に巻き込んですっきりとさせる方法もあります。