祭用品専門店浅草絆纒屋ネットショップ| 鯉口シャツ・ダボシャツ・股引・腹掛・足袋・坪下り・法被・祭帯・合切袋・祭ポシェットなど多数取扱い。

新規会員登録

  1. 1.入会費・年会費 0円
  2. 2.期間限定で
    50ポイント付与!
  3. 3.1ポイント=1円利用
  4. 4.注文情報の再入力不要
  5. 5.注文履歴の確認が可能!
登録はこちら
 
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
10月の定休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
11月の定休日
Instagram
 

トップ > 合切袋|祭手提 > 合切袋|革 > ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤)

■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤)
■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤) ■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤)
拡大画像

■印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤)

価格 : 17,000円(税込)
ポイント : 170
数量    残りあと1個
 

日本製

11,000円(税込)以上のご注文で送料無料!!

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

印傳合切袋【籠目|かごめ】No.34(赤)

 

【印傳|いんでん】

印傳(印伝)とは鹿革をなめし加工した工芸品の総称です。現在では袋物や財布などの小物製品が主流の印傳ですが、古くは柔らかく丈夫な鹿革の特性を活かし「武具」や「火消装束」などにも多く使われていました。
 

【印傳|名前の由来】

鹿革の加工技術は印度(インド)より伝わったとされ、印度伝来(いんどでんらい)を略して『印傳』と呼ぶようになりました。
 

【漆付け|うるしづけ】

印傳の代表的な技法は漆付けです。甲州印傳は無地染した鹿革に漆で絵柄を描いていますが、祭用品として多く普及している江戸印伝の袋物は鹿革に「小紋柄」を染色し、その上に粒状の漆を載せているのが特徴です。※江戸や甲州は生産地を意味しています。
 

【合切袋|がっさいぶくろ】

合切袋とは身のまわりの小物を一切合切(いっさいがっさい)入れられる袋で日本伝統の手提げ袋です。『信玄袋』や『巾着袋』と呼ぶこともあります。
 

【仕様】

■表 地:印傳(鹿革漆付)

■サイズ(概略寸法)縦27cm×横21cm

■紐通し:Pコキ

■内ポケット×1
 

【ご注意】

■製品により色の濃淡などに若干の違いが生じます。予めご了承ください。

■お客様がご使用なさっているモニターなど環境の違いにより「色映り」に差異が生じる場合がございます。

ページトップへ